副作用の少ないサプリメントですが、

過剰摂取をしないように気をつけなければなりません。

 

医師から処方されている薬と併用して

サプリメントを使おうとしている時には、

飲み合わせに問題がないかを確認しましょう。

 

サプリメントを利用する前には、

医師や薬剤師などに相談してから決めるようにしましょう。

 

いくら健康のためとは言え、

やみくもに摂取するのではなく、

サプリメントは決められた量を飲むようにしましょう。

 

健康のために使うサプリメントが、

飲み過ぎによってトラブルに発展することがあります。

 

一般的な食品に比べて、

サプリメントはサイズの割に

多くの栄養が濃縮状態で入っています。

 

消費期限も長く、携帯にも便利で、

少ない量で効果が期待できるサプリメントですが、

これだけに頼ってしまうのは危険です。

 

サプリメントは食事のサポート目的で使うようにしてください。

 

まずは食生活を見直し、

栄養バランスの取れた食生活を行うことが大切です。

 

いくらサプリメントで栄養を摂取していると言っても、

生活習慣や食生活が乱れていては、本末転倒です。

 

医薬品と違い、

サプリメントを使ったために身体に不調を来すことは少ないですが、

体質には個人差があり、必ず大丈夫とは言い切れません。

 

もしも、

サプリメントを飲んだことで体にトラブルが起きたら、

それ以上使うことはやめて、

専門家のアドバイスを受けるといいでしょう。