美肌のためには、

お肌の保湿力を維持することが必要ですが、

間違ったスキンケア方法をしている人います。

 

美しい肌に固執するあまり、

結果的に肌に負荷のかかるケアをして、

肌トラブルを引き起こすことがあります。

 

きちんとしたスキンケアでできていないために、

肌の水分が失われてしまって、

肌のかゆみや赤みを悪化させることがあります。

 

そもそも肌には自前の保湿性能がありますので、

一から十まで手を貸さずともある程度の保湿はできます。

 

ありがちなパターンとしては、

過剰な洗顔があります。

 

保湿のためにはお肌に残しておきたい角質層の部分まで、

洗顔によって除去してしまうこともあります。

 

古くなった角質は、自然に垢としてとれていきますので、

何度も洗顔は必要ないのです。

 

肌タイプは一人一人で差がありますので、

どんな洗顔のやり方が自分に適しているかを

突き止めることが重要です。

 

お肌がもともと保っている防衛機能が、

洗顔のしすぎで弱体化することがありますので、注意が必要です。

 

皮膚にこびりついた汚れを落とすために

皮膚をゴシゴシこすったり、

熱い湯で皮膚を洗い流して、

肌ダメージを増やしてしまう人もいます。

 

強くこすったことが原因で、角質層に傷が残り、

肌の乾燥や肌荒れの要因になってしまうことがあります。

 

肌タイプに合う洗顔料や、洗顔の仕方を知ることで、

肌の保湿力を高められるようなスキンケアをしたいものです。