ダイエットに取り組もうとする人の多くは、

食事量を減らして摂取カロリーを減らそうとします。

 

ダイエットを目的として食事量を減らす場合、

真っ先に減らすものは糖質や脂質です。

 

しかし、極端なまでに脂質を減らすと、

足りない糖を補うために人体は筋肉を分解します。

 

基礎代謝量が減る原因として、

筋肉が分解されて失われてしまうことが挙げられます。

 

基礎代謝とは、

安静にしている時でも、

体温維持や、臓器の活動のために消費されるエネルギー量です。

 

筋肉はエネルギーを主として消費している器官ですので、

筋肉が少なくなるとダイエットが滞りやすくなってしまいます。

 

ダイエットをしていると、

運動によって筋肉が多くなり、

結果的に体重が増えると思い込んでいる人がいます。

 

筋肉をつけるために筋トレをすれば、

ダイエットがスムーズに行われるようになります。

 

また、糖質やたんぱく質の摂取量を減らして筋肉量を減らすと、

運動をしても脂肪が燃えにくくなります。

 

筋肉質な体になりたくないからという思いから、

ダイエット時に筋トレをあえてしない女性もいるようです。

 

身体をマッチョ体型にするには、

男性はそこそこの運動量でも可能性がありますが、

女性は相当の運動量が必要です。

 

ボディバランスは、

男性ホルモンの量が多いことが、深く関わっているためです。

 

体脂肪を燃やすには、

有酸素運動をメインにしたダイエットをしたほうがいい

という考え方もあります。

 

確かに、有酸素運動は体脂肪の燃焼に効果があるため

ダイエットに適していますが、

有酸素運動だけでなく、

筋トレをして基礎代謝を上げることも、

脂肪を燃焼しやすくします。

 

ダイエットを目的とした運動では、

筋トレを組み込むことで脂肪が燃えやすくなり、

リバウンドの予防効果を得ることが可能です。