20代からのニキビケアとして

美容液を使い始める人が多く見られます。

 

20代になると社会人として働き始める人も多く見られますが、

仕事のストレスによりホルモンバランスが乱れたり、

食生活が悪くなることで、

ニキビができやすくなる場合もあります。

 

また20代以降は乾燥によってニキビができやすい人も多く、

美容液を使ったほうがよいといえます。

 

肌が乾燥すると、

肌は乾燥を補うために、皮脂を分泌することになります。

 

これが過剰な皮脂の分泌の原因となり、

毛穴を詰まらせニキビへと進行してしまいます。

 

乾燥した肌は弱く、

外部からの刺激に非常に敏感な状態です。

 

肌はかたくなり、

毛穴を詰まらせやすい状態になります。

 

ここにさらに皮脂が分泌することで、

より毛穴は詰まってしまいます。

 

美容液を使用して乾燥を防ぎ、

乾燥による皮脂の過剰分泌を改善することがニキビ対策となるでしょう。

 

敏感肌の人におすすめの美容液のひとつに

ノンアルコール美容液があげられます。

 

肌が弱い状態なので、

低刺激であることがメリットです。

 

保湿成分にはヒアルロン酸やトレハロースが配合され、

化粧下地としても使うことができるので、

保湿成分を肌に与えて潤いを与えることができます。